モルタル外壁塗装

大阪の住宅外壁の外壁塗装の種類は色いろあるようですが、モルタル外壁もその一つ。
セメントと砂を混ぜ合わせた一般的な家の外壁。
痛みの症状として、ひび割れ、カビの繁殖、塗装の剥がれなどが挙げられます。
大阪の塗装作業の費用は壁の種類によっても変わってくるようですが、壁に木部や鉄部が多い場合や、また凸凹が激しい場合などは塗料を使う量や手間がかかるために高めになるようです。
逆に凸凹の少ない壁などは低めに抑えられます。
モルタル外壁の代表的な種類として、一つ目に「スタッコ壁」この壁は凸凹が激しくザラつきのある壁で汚れやすい。
外壁塗装塗料の吸いが激しく沢山使用するので、費用のほうも高め。
二つ目に「リシン壁」この壁は細かい砂粒のように壁面がザラついている。
汚れやすくカビも発生しやすい。
三つ目に「吹きつけタイル壁」この壁はスタッコ壁、リシン壁と違い、ツルツルした表面。
ゆえに外壁塗装塗料の消費も少なく、予算も方もスタッコ、リシンに比べて低めに抑えられる。