橋梁などの外壁塗装について

大阪の外壁塗装とは装飾を目的として実施されることも多いが、対象物の防錆、保護を第一の目的とする場合もある。
金属はそのほとんどが、空気中の酸素により酸化され、錆を生じることから、その防止として塗装を行うことが一般的である。
特に鉄の場合、錆が表面から内部に侵食し、その強度に問題を生じることから、塗装等の表面処理はほぼ必須となる。
大阪の大規模な外壁塗装としては、鉄でできた橋梁があり、これらについても塗装は必須であり、概ね10年に一度程度塗り替えるのが望ましいとされている。
橋梁などの対象物の保護としての塗装は、ただ単に厚みを確保すればよいわけでなく、均一に施工することが重要であるが、一度の塗布では困難な場合が多い。
そのため、下塗り、中塗り、上塗りなど複数回の外壁塗装を行うことが一般的となっている。